企業の開示情報を頼りに株式投資

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

為替に物申す

 最近の為替の評論には呆れるばかりだ。有事には円が買われるという。しかも北朝鮮問題で日本が巻き込まれる懸念も有るのに有事には円が買われるのだそうだ。不思議なものだ。かつては日本には地政学上全く関係ない有事でもドルが買われ円は売られたものだ。軍事力の裏付けのあるドルを買い円を売って逃避する、という世界的な投資家の理屈がそこにはあった。

 

そもそも為替相場は何で動くのか。教科書では、3つの要因を示している。一つは貿易収支、2つ目は金利格差、そして3番目はスペキュレーションである。30年くらい前に遡ると貿易収支あるいは経常収支が為替相場を動かす主因であったという歴史もあり、時の経済白書は「必ずしも自明ではない」と断りながらも貿易収支の動向とドル円の動きを関連づけて説明していた。今は、スペキュレーションの量が多くなり、為替市場に大きなインパクトを与えている。だから、数多くの訳の分からぬ与件によって為替は動く。為替評論家は金利格差を見通し要因として取り上げることが多いが、残念ながら方向性を間違えることが多い。要するに予想は当たらないのだ。為替相場を動かす与件が余りにも多いため予測が出来ない、と言っても過言ではない。専門家の新年の為替予想を返り見ると、10人中10人が外れる理由がここにある。

 

為替はチャートが最も馴染む。チャートはそもそも多くの市場参加者の考えや予測が込められているので、過去の経験則を持ち出したチャート分析が予測に活かされ易いという訳だ。最近TVに出演する女性専門家が、色々な要因分析とともにチャートの雲の話も付け加えて説明していた。おかしな話だ。チャートを語るなら他の要因分析を語るのは邪道というべきだ。チャートが市場の総意を内蔵しているのなら他の要因を並べて語るべきではなく、本物のチャーチストは余計なことは語らないのが常識だ。

 

さて有事の円高の話に戻ろう。結局円が買われているということは、為替市場は本当の有事を想定していないということではないか。