企業の開示情報を頼りに株式投資

5017 富士石油  

 

斜陽化が進んでいる。車の燃費が向上し若者の車離れも進む。人口減少の影響は石油系燃料の需要にも及んでいるから、石油精製業界はたまったもんじゃない。政府は産業競争力強化法を2013年に制定し、供給過剰となった国内の製油所を主導権を握り整理しようとしている。近頃製油所の統合や石油会社の合併話が出て来るのは、こうした背景があるからだ。ガソリンは製品としてどこの製油所で生成されても基準が同じだから、製品としての優位性でもって差別化することは出来ない。競争力は各社のコスト対応力に集中される。

 

富士石油は、千葉県袖ケ浦に製油所を持つ独立系の会社だ。東京湾を臨み右隣には東京電力、そして左隣には住友化学が位置しパイプラインで結ばれている。重油とナフサの売却先だ。ジェット燃料やガソリンもJALやコスモ石油など納入先はすでに決まっているので、営業いらずの生産・販売が可能な点が最大の強みとなって同社を支えている。

決算は原油価格と為替に大きく左右される。原油価格が下がると販売価格が下がるので、先入先出法により、原価の高い仕入れ値で決算されるととたんに赤字になる。原油価格の動向と株価の相関性が高いことが、この会社の投資判断の基準となってしまっている。今後も石油製品の需給バランスの歪みは続く。海外、特に東南アジアでは需要は旺盛だが、現地には近代化された大規模な製油所も多く輸出に頼ることが出来ないのも現状だ。

 

そのような中、何故富士石油なのか。都心に近く最大のマーケットを背景に、コストの低い製油所を持つ同社は、ある意味業界からすると必要不可欠な存在なのだ。故に今後予想される業界再編の目玉になることが予想される。

4559  ゼリア新薬工業

 皆さんは丸山ワクチンを覚えているだろうか。日本医科大学の先生だった丸山教授が、当時結核患者やライ病患者にがん患者が少ないことに気づき、結核菌、らい菌の抗体を利用しがん治療薬として開発したものである。1960年代に株式市場で話題となった。この通称マルワクは、その後がん治療薬として承認されていないものの、実は現在も製造されている。それを担当しているのがゼリア新薬だ。開発NOはZ100、効能を子宮頸がんに絞り、治療薬として上市までフェーズⅢの段階にある。

 

 さて、同社はこうした医療用医薬品と一般大衆向けのコンシューマーヘルスケアOTCの2つのセグメントを有する中堅の医薬品企業だ。医療用は消化器系に特化し、胃や腸の薬を世に出している。代表的なのはアサコールという潰瘍性大腸炎の薬で、あの安倍総理が利用し画期的に効いたことで話題となった。対抗品が服用してから時間の経過で作用するのに対し、アサコールは大腸内のPH(ペーハー)に作用し薬剤が溶け始めるという画期的なものだ。スイスのティロッツ社が開発し、これを買収する形でゼリアが導入した。日本国内はもとより、残念ながら米国での販売権は無いものの欧州での展開を始めている。

 

 OTCで有名なのは皆さんも良くご存知のコンドロイチンとヘパリーゼだ。コンドロイチンは、かなり以前から発売している大衆用医薬品で、1560mgを含んでいる点は先駆者としての既得権だ。他の関節炎等のサプリは後発のためこの量を含むことが認可されず、他の成分を入れてアピールしている。類似品とも言えない全く別商品と言えよう。ヘパリーゼは二日酔いに効くとされる医薬品(効くとは言っていないが)で、かなり前から発売されていたが、先行するハイウス食品のウコンの力の売れ行きを見てから本格的なプロモーションを開始した。最近ではウコンの力の売れ行きが頭打ちになる中、ヘパリーゼはコンビニ用にW(清涼飲料水)を投入し市場を侵食、順調な成果を上げている。ハウス食品の決算説明会ではウコンの力の販売額が落ちた要因をなかなか本音で語っていなかったが、両者の売上高を時系列に並べて比較すると答えは何か鮮明になる。今ではシリーズとして100億円を超える大ヒット商品に成長した。

 

 もう一つ医療用の中で注目されるのは、アコファイドという機能性ディスペプシアに適応する薬だ。機能性ディスペプシアとは、胃のもたれやムカつき、不快感など、原因を特定出来ない慢性的な症状のことをいうが、この症状に適応する薬は今まで有りそうで無かった。今後の戦略商品の一つである。

 

 株価は1,670円近辺、PER24.7倍、PBR1.5倍、時価総額890億円、ちょっと高い感じもするが、100株で2回/年、株主優待ヘパリーゼWorヘパカンが頂けるので、押し目は狙っておきたい銘柄だ。

為替に物申す

 最近の為替の評論には呆れるばかりだ。有事には円が買われるという。しかも北朝鮮問題で日本が巻き込まれる懸念も有るのに有事には円が買われるのだそうだ。不思議なものだ。かつては日本には地政学上全く関係ない有事でもドルが買われ円は売られたものだ。軍事力の裏付けのあるドルを買い円を売って逃避する、という世界的な投資家の理屈がそこにはあった。

 

そもそも為替相場は何で動くのか。教科書では、3つの要因を示している。一つは貿易収支、2つ目は金利格差、そして3番目はスペキュレーションである。30年くらい前に遡ると貿易収支あるいは経常収支が為替相場を動かす主因であったという歴史もあり、時の経済白書は「必ずしも自明ではない」と断りながらも貿易収支の動向とドル円の動きを関連づけて説明していた。今は、スペキュレーションの量が多くなり、為替市場に大きなインパクトを与えている。だから、数多くの訳の分からぬ与件によって為替は動く。為替評論家は金利格差を見通し要因として取り上げることが多いが、残念ながら方向性を間違えることが多い。要するに予想は当たらないのだ。為替相場を動かす与件が余りにも多いため予測が出来ない、と言っても過言ではない。専門家の新年の為替予想を返り見ると、10人中10人が外れる理由がここにある。

 

為替はチャートが最も馴染む。チャートはそもそも多くの市場参加者の考えや予測が込められているので、過去の経験則を持ち出したチャート分析が予測に活かされ易いという訳だ。最近TVに出演する女性専門家が、色々な要因分析とともにチャートの雲の話も付け加えて説明していた。おかしな話だ。チャートを語るなら他の要因分析を語るのは邪道というべきだ。チャートが市場の総意を内蔵しているのなら他の要因を並べて語るべきではなく、本物のチャーチストは余計なことは語らないのが常識だ。

 

さて有事の円高の話に戻ろう。結局円が買われているということは、為替市場は本当の有事を想定していないということではないか。